2015年09月23日

さきほどのメール訂正

藤川です。
さきほどの「ドングリ」のメールで、目安の
100ベクレルを超えたと書きましたが、これ
では国の基準です。

調布ラボで「注意」の目安としているのは10
ベクレルです。お詫びして訂正します。

なお、高尾山の丼具の数値は正確には
以下です。ここにもまちがいがあります。
かならず眼鏡を使ってメールを書くことを
誓います。

セシウム137 9.02Bq
セシウム134 2.67Bq
カリウム40 76.3Bq
セシウム合計 11.7Bq



misatoya@jca.apc.org
http://misatoya.jp
posted by ちょうふラボ at 22:00| Comment(0) | 日記

高尾山のどんぐり

P9221272.JPGみなさま、調布ラボの藤川です。

最近なかなか発信ができなくて恐縮ですが、
測定室は測定を続けております。長野県
富士見町の方からハマナスの実とミョウガ
と土壌の依頼がありましたが、食品ふたつ
はまったく不検出、土壌もセシウム137のみ
4ベクレル程度とたいへん低い値でした。

自主検査ですが、21日に高尾山で採取した
ドングリを測定しました。毎年やってきた天
然キノコの測定をしたかったのですが、キノ
コの季節には少し早かったので、悪天候の
影響でたくさん落ちていたまだ青いドングリ
を拾ってきました。結果は・・・・・、

セシウム137 9.02Bq
セシウム134 2.83Bq
カリウム40 76.3Bq
セシウム合計 11.7Bq

調布ラボが目安にしている100ベクレルを超え
ました。昨年は地養父市内のドングリも同程度
でした。セシウム比率も福島由来のものとほぼ
一致しています。ドングリは食べる人は少ない
でしようが、おなじような木の実でカリウムの多
い栗などは注意が必要だということを示してい
ます。藤川。

misatoya@jca.apc.org
http://misatoya.jp
posted by ちょうふラボ at 21:41| Comment(0) | 日記