2015年10月21日

狛江の土壌データ

みなさま、
調布市・三鷹市の土壌測定は、やり切った感が
ありますが、他市の取り組みが待たれていた中で、
生活者ネットのみなさんのご努力で狛江の試料が
5件も届けられました。しかも勉強会もしていない
のに採取方法をよく勉強されていて、採取の精度、
書類の完成度ともにたいへんすばらしいものでした。
やっと狛江のデータが得られました。

狛江データはまだ「みんなのデータサイト」には反映
されていませんが、おおむね以下のような結果でした。

@野川緑道915mポスト
セシウム137 16.7Bq セシウム134 3.74Bq
セシウム合計 20.5Bq
>
A和泉本町2丁目
セシウム137 34.1Bq セシウム134 8.03Bq
セシウム合計 42.1Bq

B旧四小体育館裏
セシウム137 179Bq セシウム134 45.4Bq
セシウム合計 225Bq

C岩戸南3丁目
セシウム137 109Bq セシウム134 25.8Bq
セシウム合計 135Bq

D多摩川河川敷(猪方)
セシウム137 20.1Bq セシウム134 4.36Bq
セシウム合計 24.5Bq

少し高めのデータが得られた「旧四小体育館裏」は、
事故直後の空間線量がかなり高かった場所のよう
です。

まだ府中、稲城など手つかずです。
お知り合いがいましたら、また生協のネットワークなどで
呼びかけていただけると助かります。測定はちょうふラボ
で無料で行っています。藤川。

misatoya@jca.apc.org
http://misatoya.jp
posted by ちょうふラボ at 17:18| Comment(0) | 日記