2016年01月16日

松ぼっくり

P1161509.JPG尾辻代表、焼酎一杯で、5〜6個を粉砕と豪語!!

放射能の影響を深く残しているといわれる
「松ぼっくり」。

測定するのはたいへんです。
細かく切り刻まなければなりません。
佐須の松ぼっくりが届いています。
調布ラボとしては3例めの測定です。
全国に発信しても遜色のない測定結果を出す
ためにも、松ぼっくり粉砕にご協力ください。

尾辻氏、飲みながらがんばりました。



misatoya@jca.apc.org
http://misatoya.jp
posted by ちょうふラボ at 22:16| Comment(0) | 日記

2016年01月15日

舞茸と松ぼっくり


舞茸の測定結果です。マルエツで
購入したもので、市民からの依頼です。

セシウム137 1.59ベクレル
セシウム134 不検出(検出限界値2.88Bq)

微量の137を検出しましが、きのことしては
めずらしいことではありません。もちろん、
天然ものではないし、原木栽培でもないでしょう。
それでも菌糸を細かく広く張りめぐらすきのこ類
では、わずかなセシウムも集めてしまうのです。
栽培資材のオガクズや肥料に微量のセシウムが
含まれていたのでしょう。福島由来のものか、古い
セシウムなのかは判定する材料がありません。
新潟県産ということになっていますが、栽培資材が
どこから運ばれたのかはわかりません。100Bq を
超えるようなことがあれば、訴え出て詳しい調査を
させることができますが、この微量では無理でしょう。

1000ml ちょうどの舞茸があります。1.59Bq をがまん
できる方は(市販のきのこはほとんどこの程度の汚染
があると考えられます)ぜひ食べに来てください。
何らかのおつまみにして飲みたいと思います。
(夜8時以降限定)

さらにお願いなのですが、「松ぼっくり」を預かってい
ます。これも早く測定してデータを残しておきたい試料
です。しかし測定するには「粉砕する」という辛い仕事
が待っています。お時間がある方は、ぜひ測定室に
来ていただいて、少しでも松ぼっくりを切り刻むお手伝い
をお願いしたいです。一杯飲みながら松ぼっくりと格闘
するというのも楽しいかも・・・。

お近くの公園、お庭に、ハイキングのついでに、松
ぼっくりをみかけたら、ぜひお持ちください。測定室の
データ集めのための測定なので無料です。30個〜
40個必要です。

misatoya@jca.apc.org
http://misatoya.jp
posted by ちょうふラボ at 16:40| Comment(0) | 日記

2016年01月07日

どんぐりの測定結果

P1061495.JPGみなさま、
明けましておめでとうございます。
測定室は年末年始も稼働しておりました。

年末に届いた長野県の土壌の測定でたいへん
でしたが、それも昨年内にやりとげて、どんぐり
の測定に着手することができました。

年末に届いたどんぐりの試料2件、入間町と若葉町、

入間町は、セシウム137のみ、2.27 ベクレル
このレベルだとセシウム134 は検出不可能です。

若葉町は、なんと134 も、2.2 ベクレル出て、
合計で、12 ベクレルになりました。137は、9.81 ベクレル
です。福島由来のセシウムの理論上の比率にぴったりです。

このようにどんぐりや松ぼっくりに放射能が残っていることが
証明されました。今年のどんぐり試料5件すべてで検出しました。

みなさまのお庭、お近くの公園のどんくせり、松ぼっくりを調べて
経年変化を調べましょう。試料をぜひお寄せください。
このふたつについては測定室の事業としてやっていますので、
無料で測定結果をお知らせしています。藤川。

misatoya@jca.apc.org
http://misatoya.jp
posted by ちょうふラボ at 16:31| Comment(0) | 日記