2016年01月15日

舞茸と松ぼっくり


舞茸の測定結果です。マルエツで
購入したもので、市民からの依頼です。

セシウム137 1.59ベクレル
セシウム134 不検出(検出限界値2.88Bq)

微量の137を検出しましが、きのことしては
めずらしいことではありません。もちろん、
天然ものではないし、原木栽培でもないでしょう。
それでも菌糸を細かく広く張りめぐらすきのこ類
では、わずかなセシウムも集めてしまうのです。
栽培資材のオガクズや肥料に微量のセシウムが
含まれていたのでしょう。福島由来のものか、古い
セシウムなのかは判定する材料がありません。
新潟県産ということになっていますが、栽培資材が
どこから運ばれたのかはわかりません。100Bq を
超えるようなことがあれば、訴え出て詳しい調査を
させることができますが、この微量では無理でしょう。

1000ml ちょうどの舞茸があります。1.59Bq をがまん
できる方は(市販のきのこはほとんどこの程度の汚染
があると考えられます)ぜひ食べに来てください。
何らかのおつまみにして飲みたいと思います。
(夜8時以降限定)

さらにお願いなのですが、「松ぼっくり」を預かってい
ます。これも早く測定してデータを残しておきたい試料
です。しかし測定するには「粉砕する」という辛い仕事
が待っています。お時間がある方は、ぜひ測定室に
来ていただいて、少しでも松ぼっくりを切り刻むお手伝い
をお願いしたいです。一杯飲みながら松ぼっくりと格闘
するというのも楽しいかも・・・。

お近くの公園、お庭に、ハイキングのついでに、松
ぼっくりをみかけたら、ぜひお持ちください。測定室の
データ集めのための測定なので無料です。30個〜
40個必要です。

misatoya@jca.apc.org
http://misatoya.jp
posted by ちょうふラボ at 16:40| Comment(0) | 日記