2015年06月07日

ドクダミの測定と環境フェア

P6060902.JPG6日・土曜日、調布市の環境フェアに出展して
データサイトのアピール等を行いました。

最近の測定室は超多忙でした。
東日本土壌測定の試料が山積みになっていた
上に、東京湾魚介類調査のアサリやアナゴ、
そこに季節の果実やコメなどの依頼がありました。

その中で、調布市民の方が茨城で採ってきた、
ドクダミから5.7ベクレルのセシウム137を検出しま
した。2年前に調布のドクダミから約10へベクレル
を検出したことがありましたが、これはお茶にする
ために干してあるものでした。今回は採ったばかり
の生で、しかもきれいに洗ってあるので土壌の影響
もありません。ドクダミがセシウムを吸収しやすい
植物なのか、もう少し調査してみる必要がありそう
です。お茶にする人はそれなりにいるようです。

先月の測定室は、検出器の不調でたいへんな状態
でした。販売会社のアロカ社とやりとりしたり、同機種
を使う名古屋Cラボに助言を求めたり、名古屋と共同
でアロカ社と交渉したり。現在は検出器をメーカーで
あるアメリカのキャンベラ社に送って原因の調査を
しているところです。代替え品の検出器で現在は安定
した測定ができています。

そんな訳で、しばらく発信ができず、失礼しました。

 ★misatoya@jca.apc.org★
http://www.misatoya.net
posted by ちょうふラボ at 10:36| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: