2015年10月10日

カニ山のどんぐり

PA091311.JPG先日お知らせした高尾山のどんくり11Bq 続き、
調布市のカニ山で採取したどんぐりの測定依頼
があって測定しました。微妙な数値で、800分の
長い測定になりましたが、昨年に続き今年も検出
しました。まだセシウムを吸い上げているようです。

先日の高尾山のものは小さくて「シラカシ」だという
ことでしたが、カニ山のどんぐりは少し大きいです。

セシウム137 5.01Bq
セシウム134 N.D.(検出限界値2.17Bq)
カリウム40 12.6Bq

先日は同じような木の実の栗も心配だと書きくしたが、
長野県軽井沢町の栗の依頼があり、ゆでて可食部分
だけを取り出した状態で計測しました。セシウム合計で
18Bq ほどを検出、調布より汚染がひどい地域の栗です
が、予測が当たったことになりした。



misatoya@jca.apc.org
http://misatoya.jp
posted by ちょうふラボ at 10:23| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: