2015年12月23日

東京湾魚介類放射能調査

PC221464.JPG東京湾魚介類調査の試料が届きました。
大漁だったので、全部で15尾、狙いのスズキと
アジ、サバ、です、

代表して底魚のスズキを2試料測定することに
しました。

ひとつは川粼市沖の浮島の汚染度埋め立て場
近くでとれたもの。これは少し小さくて試料には
足りないのですが、単体でなんとか測定しました。
セシウム137の検出限界値が、2.45 でしたが、
不検出。とりあえず安心しました。

もうひとつは海ほたるの近くで獲れた東京湾中央
のスズキ。80センチの巨大なもので、三枚におろし
ても800gありました。現在それを全部入れて測定
しています。

先日は宮城県亘理町のりんごの依頼がありました。
今年で3年連続で測定しています。福島県の中通りの
県境にある地域なので汚染リスクが高い試料なの
ですが、今年も限界値1ベクレル代でも不検出でした。

ドングリ測定は継続中です。
地域のドングリの汚染を今のうちに明らかにしておき
ましょう。藤川が10月に採取したドングリから今年も
検出したのをきっかけによびかけています。なかなか
試料が届きませんが、お近くの公園にドングリが落ちて
いたら、ぜひ1リットル集めてご連絡ください。測定室
の調査としてやりますので、無料にしています。連絡
たいい゛ければ、回収に出向きます。藤川。

misatoya@jca.apc.org
http://misatoya.jp
posted by ちょうふラボ at 19:03| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: