2017年09月03日

セシウム線源によるテストと練馬のきのこ

みなさま、放射能測定室の藤川です。

この度、みんなのデータサイトで行っているセシウム137をコイン形に
固めた「線源」を使った検出器の健全性をテストする測定を行いました。
ちょうふ測定室のアロカ型の測定器はたいへん良好な感度を保っている
ことが証明されました。日頃からご協力くださっている皆様にお礼を申し
あげます。

練馬区の公園に自生しているというヤマドリタケモドキというきのこの測定
依頼がありました。食べられるきのこだそうで、楽しみにしている人が多い
のだそうです。そのような物が練馬区の公園にたくさんあるというのは驚き
でしたが、乾燥させて保存してまで食べる人もいるのだそうです。
セシウム137 20.6 ベクレル
セシウム134 3.70ベクレル
セシウム合計で、24.3ベクレルという結果でした。驚くほどの高濃度では
なかったものの、東京の平均的な土壌の汚染と同等のセシウムを貯めて
いると思います。この数値は基準値の1/4ですが、微量ともいえず、依頼者
には、食べるのは注意が必要ですと伝えました。100ベクレルを超えたら、
練馬区に通報しようと思っていました。


misatoya@jca.apc.org
http://misatoya.jp
posted by ちょうふラボ at 11:07| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: