2019年03月14日

日刊ゲンダイで紹介されました

「図説17都県・放射能測定マップ」が、日刊ゲンダイで紹介されました。ぜひお読みください。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/249369?fbclid=IwAR1v6UcnxQHHsXgHMJqjiGXO_GHb4MDqC5N7efAvXXS0g_n4XoM0WcxsbXg
misatoya@jca.apc.org
http://misatoya.jp
posted by ちょうふラボ at 16:36| Comment(0) | 日記

2019年03月05日

測定室より「夕刊フジ」の件

P3054871.JPGみんなのデータサイトの「図説17都県放射能測定マップ」が本日の「夕刊フジ」で紹介されました。日頃は「たいへんユニークな」トップ記事を目にするので手に取ることがないサンケイ新聞系の夕刊紙ですが、1ページを割いて私たちの出版と活動を紹介していただいて、ありがたいと思っています。「図説・・マップ」はちょうふ測定室(みさと屋)でも扱っております。現在は在庫に少しですが余裕があります。

misatoya@jca.apc.org
http://misatoya.jp
posted by ちょうふラボ at 23:52| Comment(0) | 日記

2019年02月12日

神奈川のみかん

P2084784.JPG 調布市も含めて関東のみかんでは一昨年からセシウムの検出は無くなっていたのですが、それ以前に神奈川県のみかん類では最高値で19ベクレルを検出したこともあるので、入荷するたびに検査は続けています。今回は小田原のみかんからたいへん微量ですが、1.18ベクレルのセシウム137を検出しました。国の販売基準が100ベクレルですから、約1/85です。これくらいの微量となり、セシウム137のみの検出となると福島由来の放射能であると断定することは難しいのですが、以前の最高値19ベクレルは134も含めた合計値で、その比率が福島由来のセシウムの比率と
一致していたので、それらが減衰と低減をしたものだと考えています。たいへん微量ですがこの放射性物質を体内に取り込んでしまうと半減期30年と長い寿命でγ線を出し続けるので小さなお子様には食べて欲しくありません。これくらいは引き受けようという高齢家庭だけに買っていただきたいと思います。生産者には何の落ち度も責任もありません。

misatoya@jca.apc.org
http://misatoya.jp
posted by ちょうふラボ at 22:51| Comment(0) | 日記