2017年11月07日

みんなのデータサイト・リニューアル

みなさま、
みんなのデータサイトが、11/19 の土壌プロジェクト完成報告集会を前に、
大幅にリニューアルされました。とても見やすくなり、わかりやすくなりました。
とくにチェルノブイリ事故での影響と、福島との比較をしたページは、色分け
で一目で急うソ連政府下で避難を求めたり、避難の権利が認められた汚染
地帯と同じレベルに膨大な市民がいまだに東日本では住んでいることがわかり
ます。サイトには、11/19 の報告集会のよびかけもあります。ぜひご参加ください。
藤川は終日参加しております。

以下が、みんなのデータサイトリニューアル版の、チェルノブイリとの比較ページ
です。
http://minnanods.net/soil#soil-top-tabs

(以下は11/19 に報告予定の栃木県のデータです)
11月19日のイベントプログラムその1。
栃木県の土壌調査の解析報告概要(名古屋C-ラボ 大沼淳一さん担当)
「17都県3300余点のうち、高濃度汚染した栃木県では292地点の土壌調査を行い、その解析を行いました。那須町には23000Bq/kgを超えてチェルノブイリ法における「移住の義務ゾーン」が1ヶ所。那須町、那須塩原市、矢板市では、8500Bq/kgを超える移住推奨ゾーンが21ヶ所あり、これら3自治体に加えて、日光市、塩谷町、大田原市、那珂川町では、2800Bq/kgを超える移住の権利ゾーンが、合計で81ヶ所もありました。深刻な初期被曝も懸念されます。しかし、政府も自治体も適切な対策をとらないままに6年半が過ぎています。市民、とりわけ子どもたちの被曝が懸念されます。今すぐにでも、健康調査など福島県なみの対策が必要です。」
なお、10月末から11月にかけて約1週間、大沼さんはこの報告結果を持って栃木県各所を回り、報告会や測定ワークショップを開催します。イベント当日は、この栃木の報告会の様子も交えて、栃木県の放射能汚染の状況のまとめをしてもらう予定です。
今後出版を予定している地図帳「アトラス」では、このように、みなさんと力を合わせて進めてきた「土壌プロジェクト」のデータ3,000件あまりを各県ごとに汚染状況を解析した結果などを掲載していく予定です。その先行例として、今回のイベントでは栃木県と山形県の解析先行報告の一部をご紹介します。
ぜひ、11月19日(日)9:30からのイベントにお越しください。

misatoya@jca.apc.org
http://misatoya.jp
posted by ちょうふラボ at 22:43| Comment(0) | 日記

2017年09月03日

セシウム線源によるテストと練馬のきのこ

みなさま、放射能測定室の藤川です。

この度、みんなのデータサイトで行っているセシウム137をコイン形に
固めた「線源」を使った検出器の健全性をテストする測定を行いました。
ちょうふ測定室のアロカ型の測定器はたいへん良好な感度を保っている
ことが証明されました。日頃からご協力くださっている皆様にお礼を申し
あげます。

練馬区の公園に自生しているというヤマドリタケモドキというきのこの測定
依頼がありました。食べられるきのこだそうで、楽しみにしている人が多い
のだそうです。そのような物が練馬区の公園にたくさんあるというのは驚き
でしたが、乾燥させて保存してまで食べる人もいるのだそうです。
セシウム137 20.6 ベクレル
セシウム134 3.70ベクレル
セシウム合計で、24.3ベクレルという結果でした。驚くほどの高濃度では
なかったものの、東京の平均的な土壌の汚染と同等のセシウムを貯めて
いると思います。この数値は基準値の1/4ですが、微量ともいえず、依頼者
には、食べるのは注意が必要ですと伝えました。100ベクレルを超えたら、
練馬区に通報しようと思っていました。


misatoya@jca.apc.org
http://misatoya.jp
posted by ちょうふラボ at 11:07| Comment(0) | 日記

2017年08月10日

アスファルト上の黒い物体

P8103172.JPGみなさま、染ま亭室の藤川です。
多摩川の魚やペレットの灰なとの測定依頼がありますが、
それでも数が減っているので、自分なりにテーマを見つけて
測定を継続しています。

前にもお知らせした「アスファルトの上にできる黒い謎の物体」
ですが、みさと屋の近所に発生したので、測定してみました。
アスファルトの側道部分にエアコンの排水がいつもたまっている
ところなのですが、そこがカラカラに乾いた時にこの物体が姿を
現したのです。数値は、620ベクレル(CS-137 542Bq CS-134 77.6Bq)
という高濃度でした。藻のような、コケのような不思議な塊ですが、
調布程度(といってはひどい汚染をしている地域のみなさまには
申し訳ありませんが)の汚染状況でもこの高さです。危険な物体が
身近なところにあることを知っておいたほうがいいでしょう。

みなさまの家のお近くでこの黒いナゾの物体を見かけたらご一報
ください。藤川が採取に出向いて測定します。

測定室に休みはありませんが、みさと屋が8/11〜8/16に夏休みを
いただいています。藤川は出入りして測定をしているので、メール
でおしらせくだされば連絡がとれます。

misatoya@jca.apc.org
http://misatoya.jp
posted by ちょうふラボ at 13:36| Comment(0) | 日記