2014年10月25日

市内の井戸水

みなさま、
昨年も測定してラドンの影響を検出した
市内の井戸水ですが、試しに1年が経
過した現在の状態を知ろうと考えて測
定してみました。

やはり、I-131の誤検出としてラドンの娘
核種と思われる放射能を検出しました。
1ベクレル代と数値は低いのですが、い
つもこの水に含まれている物質だと考え
ていいようです。ビスマス214、鉛214 と
考えられる放射性物質です。水の自然
性質とはいえ、他に飲む安全な水がある
のですから、おいしいからといって飲まな
いほうがいい水であることが証明されま
した。

それにしても1ベクレル代のガンマ線を
コンスタントに検出しているのですから、
私たちの測定器はとても正確だといえ
ます。

★★★★★★★★★★★
misatoya@jca.apc.org
http://www.misatoya.net
★★★★★★★★★★★
posted by ちょうふラボ at 19:46| Comment(0) | 日記

2014年10月16日

どんぐりから微量のセシウム

先週から新米の依頼が続いて、測定依頼減少で
ヒマだった測定室もちょっとした繁忙期という感じ
でした。

同じ新米の玄米と新米、そして稲わらを依頼して
くださった団体があって、玄米だとセシウム合計
で約5ベクレル、それが白米だと検出限界値1ベ
クレル以下でも不検出になるという経験を得まし
た。教科書に書いてあるとおりの結果です。この
結果には安心しました。新米は茨城県産です。
今年も皆様の縁故米を測定にお持ちください。

調布市内のどんぐり(椎の実)から2.94ベクレル
を検出しました。このどんく゜りの木の周辺は、
調布内の他の地域より土壌のセシウム汚染は
かなり低いことが測定によってわかっていました。
ですから微量とはいえこのセシウム検出には驚
きました。昨年カニ山のどんぐりからもっと高い
数値を検出したこともあり、今年はどれくらいに
減少したかという興味があります。カニ山に行く
ことがある方にどんぐりの採取をお願いしたい
と思います。また市内の他の地域のどんぐりも
ぜひ測定したみていと思います。藤川。

★★★★★★★★★★★
misatoya@jca.apc.org
http://www.misatoya.net
★★★★★★★★★★★
posted by ちょうふラボ at 23:01| Comment(0) | 日記

2014年10月11日

山梨県の天然きのこ

PA070188.JPG今年初めての天然きのこの測定依頼が
ありました。山梨県の富士山周辺のもの
です。食用になるもの数種の混合ですが、
セシウム合計で57.3ベクレル、まだ高い
ものがあることが今年も証明されました。
137が43.9ベクレル、134が13.4ベクレルで
セシウム比率は福島由来のものとびったり
です。

天然きのこは、食べる前にぜひ測定を!

★★★★★★★★★★★
misatoya@jca.apc.org
http://www.misatoya.net
★★★★★★★★★★★
posted by ちょうふラボ at 10:23| Comment(0) | 日記

2014年09月28日

みんなのデータサイト、本日リニューアル

ちょうふ測定室も参加している「みんなのデータサイト」は、
めでたく本日リニューアルを成し遂げました。私たち調布
のデータを限定して検索する方法が、たいへんわかりやす
くなりました。全国のデータは約9000件に及んでいる成果
を盛り込んでのリニューアルです。

私たち調布測定室のデータ数は、現在参加している21測
定所の中で、8位の成績です。尾辻代表のデータアップの
努力のおかげです。今春に全国的に行われた「たけのこ・
しいたけ」の全国一斉調査」の結果データもアップされてい
ますが、ここでのデータ数も、4位と大健闘。そもそもこの
取り組みのきっかけを作ったのは茂木君が椎茸について
の文科省の指示書を入手したことによります。私たちの、
存在感を大きく示しました。

測定依頼はかなり減っているとはいえ、ちょうふ測定室の
存在意義を感じた、みんなのデータサイトリニューアルの
イベントでした。

みなさま、ぜひリニューアルしたデータサイトにご来訪いた
だいて、@ちょうふ測定室限定の検索、Aたけのこ・椎茸
の全国一斉調査データの閲覧、B動画となったデータサイ
トのご説明、などをお試しください。

リニューアル・イベントに参加した、藤川。




★★★★★★★★★★★
misatoya@jca.apc.org
http://www.misatoya.net
★★★★★★★★★★★
posted by ちょうふラボ at 19:41| Comment(0) | 日記

2014年09月25日

みんなのデータサイト・リニューアル

20140928チラシ.pdf
みなさま、
ちょうふ測定室も参加しているみんなのデータサイトが
リニューアル・オープンを迎え、お披露目の集会を開き
ます。ぜひご参加ください。

場所が遠くて、わかりにくいのが難です。
添付のpdfチラシをご覧ください。

主催:慶應義塾大学 SFC 研究所
デジタル市民社会デザインコンソーシアム
共催:みんなのデータサイト 運営委員会
日時:2014年9月28日(日)
場所:慶應義塾大学 三田キャンパス


★★★★★★★★★★★
misatoya@jca.apc.org
http://www.misatoya.net
★★★★★★★★★★★
posted by ちょうふラボ at 08:17| Comment(0) | 日記

2014年09月24日

福島の子どもたち

7月に調布市に招いた福島の子どもたちのプロジェクト、
無事に終了したとともに、映像記録の編集が終わり、
思い出ビデオとしてDVDにして子どもたちに贈りました。

福島の子どもたちがどのように調布市での3日間を過ご
したのか、調布の子どもたちは、大人たちはどのように
迎えたのか、映像記録を見ていただく会を催します。

このイベントにご協力いただいた皆様、興味があるという
方、または映像編集をした藤川をねぎらいつついっしょに
飲んでもいいぞ、という方、ぜひご参加ください。

日時 9月27日(土) 夜8時〜
場所 みさと屋・野菜食堂
入場無料、野菜食堂でお食事をしたい方は、8時前
においでください。飲物を希望される方のみ、飲んだ
だけいただきます。軽いおつまみは用意します。
藤川。

★★★★★★★★★★★
misatoya@jca.apc.org
http://www.misatoya.net
★★★★★★★★★★★
posted by ちょうふラボ at 17:30| Comment(0) | 日記

2014年09月20日

福島の梨

 3週間ほど前に福島の桃を計測して不検出だったと
お伝えしました。もう少し調査をしようとおもっていまし
たが、桃が店頭から無くなってしまいました。

そこで、今度は福島の梨を計測しました。駅前のスー
パーで購入しましたが、福島の中の産地は表示があ
りません。この梨も検出限界1ベクレル代で不検出で
した。

果物が多く出荷される季節ですが、測定依頼が減って
います。みなさま、ぜひ測定をご依頼ください。測定者
としては、どんぐりなど子どもが遊びに使うものを検査
してみたいと思っております。

★★★★★★★★★★★
misatoya@jca.apc.org
http://www.misatoya.net
★★★★★★★★★★★
posted by ちょうふラボ at 11:05| Comment(0) | 日記

2014年09月10日

井戸水の測定

市内の大団地の自治会から井戸水の測定依頼がありました。
久しぶりの公的機関からの依頼なので、念入りに測定をしました。
個人からの依頼は「念入り」ではないということはありません。
ここに区別はないのですが、今回の測定依頼には、はっきりとした
意図があったからなのです。

野川近くの地下水で、天然鉱物の放射能の影響を受けている前例
があったので、普段は飲用には使われていないとはいえ災害時の
ライフラインとして大事にしている井戸の水の検査が依頼されたの
です。初めから、1ベクレル代の放射能を判定する必要が課せられ
ていたのです。

結果は、セシウムは不検出、心配された天然鉱物のガンマ線も、
1ベクレル以下まで測定しましたが、検出しませんでした。 この井戸
の放射能における安全性は確認できたものと思います。水質基準を
満たしているかどうかは、別の分析が必要ですが、災害時に煮沸し
て飲むには差支えないものと思います。

★★★★★★★★★★★
misatoya@jca.apc.org
http://www.misatoya.net
★★★★★★★★★★★
posted by ちょうふラボ at 00:07| Comment(0) | 日記

2014年08月30日

ハウスダスト

世田谷の方で「古い」ハウスダスト(掃除機のゴミ)を溜めていた方がいて測定しました。他にはない貴重な試料なので比べようがありません。調布市内のものを測定した結果は持ち合わせていますが(約100ベクレル)、でもこれは最近のもの、3.11直後のものが含まれると思われる今回の測定の結果は640ベクレルでした。この数値は高いですね。あの頃は東京のどのお宅のハウスダストもこれに近い数値であったことが想像されます。

 土壌や池の水、または話題になっている福島の桃などを測定して、少し忙しかった今週の測定室です。福島の桃は昨年までは微量のセシウムを検出していましたが、今年はとりあえず初めての物は検出限界値を5ベクレル以下に下げても不検出でした。ひとつだけの試料で判断すべきではないので、あと数例を測定してみたいと思います。
★★★★★★★★★★★
misatoya@jca.apc.org
http://www.misatoya.net
★★★★★★★★★★★
posted by ちょうふラボ at 23:21| Comment(0) | 日記

2014年08月17日

尾瀬の野生キノコ

P8140008.JPG 夏休みをいただき、尾瀬に出かけて木道脇に生えていたキノコを持ち帰って測定しました。松ぼっくりだけを持ち帰るつもりでしたが、前を歩く子どもがキノコを見つけると蹴り飛ばしていくので落ちているのを拾ったのです。セシウム137が288ベクレル、134が95.4ベクレル、合計は384Bqでした。やはり尾瀬は広範に汚染しています。セシウム比率が福島の比率にぴったりです。写真のような数種の野生キノコです。空間線量率も計測しながら歩きましたが、福島県側の入山地点の御池駐車場でし0.05〜0.06μSv、群馬県側に入った湿原では水が周囲にたくさんあるためか、0.02μSvに下がりました。しかし尾瀬沼近くまで歩いたブナ森の中の道では、0.15μSv〜0.17μSvになりました。尾瀬に至る福島県側の南会津ではほとんど、0.03μSv以下なので�
��尾瀬を汚染したセシウムは群馬県側から流れたものと思います。


★★★★★★★★★★★
misatoya@jca.apc.org
http://www.misatoya.net
★★★★★★★★★★★
posted by ちょうふラボ at 11:02| Comment(0) | 日記